有名人のツインソウルやレイは私を使命へと導いてくれる存在?

ソウルメイト

私のツインソウルやレイ、ソウルメイトは有名な人で、どうしてこんなに手の届かない人ばかりなんだろうと思ったことは、何百回も何千回もあります。
もちろん、ソウルメイトの中には一般人の人もいて、結構な学びもあったけど、でもツインやレイ、そしてツインやレイと出会ったからこそ出会えた気付けたソウルメイトとは、学びが全然違うんですよね。惹かれる度合いも全く違う。

今まで出会って来たソウルメイト達とは、「自分以外の人の気持ちを変えることは出来ない」というのを主に学びました。人の気持ちは努力ではどうすることも出来ない、とかね。人間関係においての学び、みたいなそんな感じ。

 

対して、ツインやレイ、(今の学びの)ソウルメイトとは、私の生き方とかあり方、とか使命や役割とか、才能とか能力とか、そういった部分の学びがほとんどです。私がこういうスピリチュアルな世界に入ったのは、ツインに気付いたことで元々あった能力を自覚し、この人生で、やらなきゃいけないこと使命を思い出したからです。そして、レイは私の使命がまっすぐに進めるように、道を指し示してくれました。今のソウルメイトは、まだまだ全然使えていない私の能力を、もっともっと使うように開花するように、促してくれています。

ぜーんぶ、使命のためなんですよね。
ツインフレームもそう。同性のツインフレームもスピリチュアルな人だし、もう1人のフレームはこれまた有名人だけど、彼を見ていると(映像だけど)「仕事、頑張ろう!」って思うし、みんな私の使命を応援してくれているような気がします。

有名人をツインに持つ人がみんながみんな、そういうわけじゃないかもしれないけれど、私みたいな人も多いのかもって思ったりします。

芸能人や有名人がツインだというのを、周りの人にはなかなか言えなかったりしますよね。ツインやレイに出会っている人にでさえ、言えなかったりします。
そして、ツインやレイと直接連絡取れたり、会えたりできるって本当にうらやましいなぁって思うこともあります。

何よりも、「自分を認識されてる!」って私からしたら本当にすごいことです!
私は認識さえされてないから。確かに実際に会った時にツインの眼球に私は映りましたよ!!!でも一瞬だけ。ツインが私の名前と顔を認識したりってことはないですから。まー、知らない人、ただのファンなだけです。
当たり前かもしれないけど、数回会っても、覚えられることはありませんでした。

2、3回会えば、一般人同士ならお互いを認識できますよね?相手に覚えてもらうことって出来ますよね?でも相手が有名人だとそうはならない。仕方ないけど、やっぱりLINEやメールが出来るってうらやましい~って思います。

ツインの相手が芸能人って現実離れしてる、とか、周波数が違いすぎるとか、言われたりするけど、確かにそうかもしれないけれど、それでも相手が芸能人だから好きになったわけでも、ツインだったから好きになったわけでもないと思うんです。

確かに相手が有名になってくれたおかげで、存在を知ることが出来て、相手の才能を知ることが出来たんだけど、でも近くにいて一般人同士だったとしても惹かれていたと思うんです。ツインだと知っていたから、好きになったわけでもないし。
そもそも、惹かれてからツインだと気付くわけで。惹かれなかったら、ツインだと気付かないでしょう。

周波数の違いはあるかもしれません。それでも周波数が全くかけ離れていたら、惹かれようもありません。周波数がかけ離れていると、存在は知っていても全く惹かれないんです。「素敵だな」くらいは思っても好きになったりはしない。全然違う、遠いところにいる魂だなと認識するからです。

周波数やステージが違っていても、そこまでかけ離れているわけじゃなくて、すっごくすっごくすっごく努力すれば、周波数を近づけることは出来るし、近いステージへ行くことも出来ます。ま、確かに努力は必要かもしれませんね。

 

何だかちょっとよく分からなくなってしまったけれど、同じような思いをしている人と気持ちを分かち合いたくなったのかもしれません^^
ツインに関しては、そういうシェアみたいな事を、誰かとしたことがほとんどなかったから。「言えない」ってそればかり思っていたから。

いつか、同じような思いをしている人達と話せたらいいなぁ~って思います^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました