ツインソウルやツインレイが有名人だと住む世界が違う?

ツインソウルとツインレイ

ツインたちが有名人だから、いつも思っていたことがあります。
それは「私とは住む世界が違う」ということ。そう思って私は無意識のうちにツイン達と対峙することを避けていました。きっと怖かったんです。

ツイン達と向き合うことが、そして自分と向き合うことが。無意識のうちに思っていたことなんだけど、そうやって私はツイン達と自分を分けていました。

でもね、違うんです。住む世界が違うってどういうこと?ツイン達も人間で、今、この世で生きています。同じ3次元の世界を生きてるわけですよ。離れていても同じ空の下で。同じように色々なことを経験しながら、いいことも悪いことも経験している。

それがはっきりと頭でも心でも理解できたのは、実はごく最近のことだったりします^^
もちろん頭では分かっていたんですよ。でもやっぱり住む世界が違うと思っていました。そうやってツイン達から自分から逃げていたのかも。

ツイン達は同じ世界で生きている。ごくごく当たり前のこと。

いつかはふるさとへ還る私達の魂ですが、今、生きているこの世でツイン達はしっかりと生きていて、時には自分たちの声も聞かせてくれます。ツイン達は私のことを認識していないかもしれないけれど、会った記憶なんかないかもしれないけれど、ツイン達に会えた事実が私の中にあればそれで十分なんじゃないかなと思っています^^

魂には記憶されるから。

魂の記憶って本当にすごくて、その記憶量は膨大でとても人間が扱えるような量じゃないです。輪廻転生している回数が多ければ多いほど、その記憶量も多いです。人間がとても覚えていられるものじゃないので、私達は忘れていますが、それでもふっと懐かしさを感じたりするのは、昔々どこかで出会った記憶なのかもしれません。

ツインソウルやツインレイは、誰よりも一緒にいた時間が長いから他のソウルメイトとは違う何かを感じやすいのかもしれないですね。

ツインソウルやツインレイ、特にレイの方は、「大好きだけど、大嫌い」という不思議な感覚になったりします。好きな部分と嫌いな部分が極端なんですよね。「ここは大好きだけど、ここは大嫌い」みたいな。なんだろ、この感情は?とよく思っていたけど、きっと自分の中にもその大嫌いな部分があって、それは自分でも受け入れられないんだと思います。

だから、レイに投影してしまう。そんな所かなって思います。

ツインソウルもツインレイも、生きているということは同じ世界に住んでいるということ。
同じ空の下で今日も元気に過ごしてくれていたら、それだけで嬉しいです^^

 

★ツインソウルリーディングしています★
セッションメニュー

コメント

タイトルとURLをコピーしました